×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Y!天気情報

星座占い

シャッフルラジオ

Loading...

ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス ウィキペディア

Dragonaut -The Resonance- (ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス) ED


ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス 最新動画

perfect blue
perfect blue
運命のBOY MEETS GIRL、と言ったらEDの福井裕佳梨ソングの方が
しっくり来るかもしれない。しかしCLUBJAZZ界の新星Jazzin'parkの
手掛けるOP曲は、またしてもアニソンの許容範囲を大きく広げてしまった…
JiLL-Decoy association(RED GARDEN・OP)しかりanNina(ひぐらし解・ED)しかり。
いや、むしろそれは必然のなせるワザなのかもしれない。それは、それぞれの
世界観の音楽的ニーズが呼んだ奇跡ともいえる。雰囲気のあるオサレ感覚を持つ、
「ドラゴノーツ」OPテーマである本作も、間違いなくその確かな引力を放っている。

軽やかなジャングル(ドラムンベース?)のリズムも心地よい疾走感で一気に視聴者を
作品世界へと引き込む、伸びやかでロマンティックナチュラルな女性ヴォーカル…
元は男性二人組(+本作ではVOCALにてATSUMIが参加)によるクロスオーヴァーサウンドを
得意とする当アーティストの音楽的間口の広さ、懐の深さが、その奇跡を可能にした。

―その視線が描く先に拡がる、遥かな蒼穹(そら)。本編をなぞったドラマが、象徴的な
歌詞にて繰り広げられ、サビに向かって次第に明るく健やかに展開していく曲調が、
主役二人の運命の先にある希望を思い起こさせる。そう、それは必然のBOY MEETS GIRL。
切なさ爆発のピュアソングであるED楽曲と併せて聴きたい、良質のオシャレサウンドがここにある。
(冒頭作品アーティストが好みなら必ず損はさせない音楽ユニットである事は確か)





ドラゴノーツ ドラマ&キャラクターソングス vol.2
ドラゴノーツ ドラマ&キャラクターソングス vol.2
私は『ドラゴノーツ』をよく見てなかったから、キャラの個性などをよく知りません。
このアルバムで、私の大好きな沢城みゆきさんと水樹奈々さんの演じがありますから聞きました。
まず、アニメの筋をよく知りませんけど、二つのドラマトラックはなかなか面白いです。
アキラとマキナ編のストーリーで分からないことはまだありますけど、互いに向けて抱えてた気持ちが、よく理解できます。
私はジークリンデとアマデウス編が大好きです。
可愛らしさや暖かさがあるのドラマですね。
二つ曲のキャラソンも良いと思います。
アキラ役の沢城みゆきさんとマキナ役の後藤邑子さんのデュエットはいいです。
旋律はちょっと普通だと思うけど、曲の雰囲気が好きです。
今度、沢城みゆきさんが男の子っぽい声で歌いは、予想以上にすごいですよ!
ジークリンデのキャラソンは、優しい一曲で、水樹奈々さんの歌唱は相変わらず素晴らしいです。

このアルバムを聞いた、私はアニメをよく見るって決めました。
アニメを見なくても、このCDを聞いて損はしないと思います。
それに、聞いた後アニメを見たくなるかもしれませんよ。(笑)




ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス- Vol.9
ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス- Vol.9
24、25話はテレビ放映と同じ、人類とタナトスとの決戦の回。自分の本当の気持ちに気づいたジンはトアのいるタナトスに向かう。同じく、タナトスと話し合うために信号を送ったISDAの面々。彼らがそこで目にしたものは…。そしてやはり人類を滅ぼすというタナトスに対して最後の決戦を挑むドラゴノーツチームたち。タナトスを説得することに最後の期待をかけるジンとトアは…。
 後半になって話が迷走ぎみだった「ドラゴノーツ」だが、結局最後は相当にありがちなエンディングになってしまった感がある。人類を滅ぼすはずの敵を「説得」したり、謎の星だったタナトスが巨大ドラゴンに変形したり、退場したはずのキャラが再登場とか。正体不明なのが不気味な怖さを放っていたタナトスを擬人化した姿で登場させてしまったのもベタな展開に落としてしまってるよな…。「2001年宇宙の旅」のモノリスのような得体の知れない怖さのあるよくできた敵だったのに…。いちいちセリフで解説させる必要のないくらい画面の構成はいいのだから「二人の愛の力」なんてのに「逃げて」ほしくなかったよな…。最後まで作画は崩れてなく、雰囲気も非常にいいものを出しているのが逆に悲しかったりする。
 26話はTV未放映の番外編。「月詠-MOON PHASE-」なんかと同じやり方だが、中身も似たようなもの。前半が学園番長編(意外なキャラが主人公)。後半が孤島でドラゴン達に起きたキャラ崩壊の異変をジークリンデたちが救うという話。オールスターキャストで登場し、意外に分量のある内容になっている。今までシリアスだった分ギャグになると確かに笑えるし、こっちも作画は崩れてない。この手のモノでは比較的よくできているほうだろう。何度も見たいと思うほどでもないが。コメンタリーでも話しているようにスタッフの受けはよかっただろうな…。ただ、ここでこんなものを付けるよりも本編をもう少し頑張ってアニメ本体の人気が出れば同人誌で山ほどやってくれるだろうし、スピンオフ作品を作ったりもできるはず。スタッフ本人達が自分でやって、それを売りつける必要はあるのか? 前半のシリアスな展開に肩入れしていた自分としてはもっと高いレベルを目指して欲しかったと思えてならないんだよなあ。




ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス- Vol.8
ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス- Vol.8
前巻に続いてさらに唐突にヤな感じの事件が続く…。ギオの突然の変心、最後のオリジナルドラゴンの正体、そして悲劇。迫るトアの寿命…。決断をせまられたジンは…。(21話・22話)
 最終回に向けてさらに悲劇の予感が蓄積されるが、どうも話が微妙に飛んでいる。その上やっぱり本筋は進まずあと3話しかないのにどうするんだという疑問が頭に渦巻いてしまう。
そして23話になってやっと話が整理される。今考えるとこの23話だけは後半部分で唯一前半と同じくらい良かった回だ。展開は相変わらず雑で強引だが…。ギオが語るトアを生き続けさせる唯一の方法とは。二人の最後の夜。カズキに従ってきたウイドーに遂に悲劇が…。最後にカズキに彼の本当の思いを気づかせるウイドー。カズキとジンとの殴り合いでジンもまた自分がすべきことに気づく。ジンとカズキを宇宙へ送り出そうとして撃たれるサカキ。彼は最後に自分の思うレゾナンスという行為の意味を二人に告げる。それは、欲望を具現化した姿、自分の求めるもの、目指すべき自分だ…。
 この23話だけは十分に感動的でやっと終幕への期待感を取り戻した感はあるが、内容の強引さが相当に鼻につくのも確か。いきなり地球に接近したタナトスを攻撃する無数の宇宙戦艦、何のために開発・配備されていた? カズキの行動のクサさと唐突な改心、そして殴り合って仲直りってのももう使い古されすぎたパターンだよな…。衛星基地に侵入してきた完全装備の軍人たちを三人娘が撃退??? と、見方によってはやっぱりダメダメだが…。そして最終回が決まっていればそれも許せたんだろうが…。
 DVD化にあたって放送時に問題(?)となった回想のトアの洗濯物干しのとき一瞬ヘンな顔になる場面やジークリンデが「こんな所、とっとと撤退よっ!」と指を差す、その手が6本指だったところも修正はされている。




ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス- Vol.3
ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス- Vol.3
近未来を舞台に、謎の小惑星タナトスの地球飛来を食い止めようとする戦闘部隊“ドラゴノーツ”の戦いを通して一人の少年の成長を描くSF・TVアニメーション・シリーズのDVD第3弾。第06話「再会―惹かれあう想い―」ジン(小野大輔)とギオ(諏訪部順一)は月でトア(茅原実里)を探し続ける。一方、ISDAもジルアード軍と共同で彼女を捕獲しようと動き出すが、ジンを憎むカズキ(柿原徹也)は独り任務から外され、次第に狂気を帯びていく……。第07話「追憶―水面に映りし心―」は月の温泉地を舞台に、ジンたちとドラゴノーツの面々が戦うというお膳立てだが、場所が場所なだけにかなりお色気サービスを意識した作り。ただし、本作に登場する女性の多くは露骨にエロいのだが、あまり作品の本質には貢献していないような!?(本作の場合、お遊びよりもまず本筋そのものをきっちり進ませるほうが先決に思えるが……)ただしこの回ではジークリンデ(水樹奈々)の深層心理が描かれ、徐々にドラゴノーツ側にも感情移入できる設定がなされるようになってきているのはありがたい。第08話「別離―虚空よりの響き―」トアは脳裏に響く謎の声に導かれ、またもジンたちの前から姿を消し、自らISDAに拘束される。ラストでは衝撃の事実も発覚するが、その間のカズキの言動がキレている割に歯切れが悪く、妙にイライラさせられる。全体的に、一見快活なようでその実弾け切れていない、そんなもどかしさを覚える巻。次巻での巻き返しを期待したい。(増當竜也)




ドラゴノーツ-THE RESONANCE (ジャンプコミックス)
ドラゴノーツ-THE RESONANCE (ジャンプコミックス)
世界とキャラは同じだが性格などが違うというのは良くあることですが。
アニメがアレだったのでこっちのほうが良いと感じてしまいました。
ただ、1巻で完結と言う事で話が短く出番の無い人たちが多いのが
残念です。






昨晩 ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス が夢でこう告げた・・・!


スポーツで鍛えた肉体とガッツに自信ありの ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス。青春時代の告白の瞬間のように、切ない恋のワンシーンを描いた今作は、夏の告白ソング決定盤。
ストリングスとピアノで彩られたサウンドであらたに録音され、七夕にぴったりなアコースティック・バージョンに仕上がっています。

ふむう~。それならばぜひこの言葉を贈りたいと思います。。

『 なぜ美人はいつもつまらぬ男と結婚するのだろう。賢い男は美人と結婚しないからだ。 』( サマセット・モーム )

失礼だろ!

resonanceのこと
TMRevolutionとしても今年でデビューして12周年を迎え、今年6月にリリースされた 通算22枚目のシングル"resonance-レゾナンス-"は、テレビ東京系で放送中のアニメ番組 「ソウルイーター」の番組開…[2008-09-19T00:00:00+09:00] by goo ...

アニメ「SOUL EATER - ソウルイーター - 」 第15話 魂を食う『ソウル ...
さよなら絶望先生 × ○ドラゴノーツ・レゾナンス × ●GALAXY ANGEL × ○黒執事 × ●ソウルイーター × ○地獄少女 ○ ●妖怪ナビ・ルナ × ○AAA(なかよし) × ●FAIRYTAIL覚悟!!! キッドはいいねぇ、「SOUL EATER - ソウルイーター - 」第15 ...

SOUL EATER -ソウルイーター-[ソウルイーター]
以外にさよなら絶望先生 × ○ドラゴノーツ・レゾナンス × ●GALAXY ANGEL × ○黒執事 × ●ソウルイーター × ○地獄少女 ○ ●妖怪ナビ・ルナ × ○AAA(なかよし) × ●FAIRYTAILそばにいるキシンい近い人物って誰だろうねっ? ...

グッズ・・・『ソウルイーター』
さよなら絶望先生 × ○ドラゴノーツ・レゾナンス × ●GALAXY ANGEL × ○黒執事 × ●ソウルイーター × ○地獄少女 ○ ●妖怪ナビ・ルナ × ○AAA(なかよし) × ●FAIRYTAIL──#01(07/04)#02(07/11) (日)──『 ブラスレイター ...

【ソウルイーター】ソウルイーター 第十五話 「魂を食う黒き龍?臆病 ...
さよなら絶望先生 × ○ドラゴノーツ・レゾナンス × ●GALAXY ANGEL × ○黒執事 × ●ソウルイーター × ○地獄少女 ○ ●妖怪ナビ・ルナ × ○AAA(なかよし) × ●FAIRYTAIL第15話「魂を食う黒き龍?臆病リズと愉快な仲間たち??」 ……覚悟! ...

(コードギアス)ウェブクリップ
シェリル特番のせいでランカのテレビ出演がトンでしまったということでコードギアス R2 6月1日放送分を『緊急ナビ』に差し替え? ● 小野氏、茅原さん、諏訪部氏がレゾナンス!?「ドラゴノーツ」イベント開催!! ● 咎狗の血 True Blood カウントダウン ...

『ソウルイーター』しとやかなかわいらしさ
ケロロさよなら絶望先生 × ○ドラゴノーツ・レゾナンス × ●GALAXY ANGEL × ○黒執事 × ●ソウルイーター × ○地獄少女 ○ ●妖怪ナビ・ルナ × ○AAA(なかよし) × ●FAIRYTAILtheme : SOUL EATER -ソウルイーター? genre : アニメ・コミック ...

【ソウルイーター】モンスターハンタードリンク!
[ソウルイーター 第15話]のトラックバック送信先: まるとんとんの部屋さよなら絶望先生 × ○ドラゴノーツ・レゾナンス × ●GALAXY ANGEL × ○黒執事 × ●ソウルイーター × ○地獄少女 ○ ●妖怪ナビ・ルナ × ○AAA(なかよし) × ●FAIRYTAIL ...

疲れた。〔ソウルイーター〕
さよなら絶望先生 × ○ドラゴノーツ・レゾナンス × ●GALAXY ANGEL × ○黒執事 × ●ソウルイーター × ○地獄少女 ○ ●妖怪ナビ・ルナ × ○AAA(なかよし) × ●FAIRYTAILそれが無駄だと言うなら、真実は何処にある!?」 (06/26) う? ...

ソウルイーター 15話レビュー(ソウルイーター)
他に何を聞けというのだ? 吐けSOUL EATER -ソウルイーター- 第15話「魂を食う黒き龍?臆病リズと愉快な仲間たち??」さよなら絶望先生 × ○ドラゴノーツ・レゾナンス × ●GALAXY ANGEL × ○黒執事 × ●ソウルイーター × ○地獄少女 ○ ●妖怪ナビ・ルナ ...

ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス の最新情報








水谷豊 | エアポート'75