×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

シャッフルラジオ

日本史クイズ

ぷよぴたっ!

Loading...

梶井基次郎 ウィキペディア

YouBunko Vol.6 "Sakura no Ki no Shita niwa"(latter part)


梶井基次郎 最新動画

檸檬 (新潮文庫)
檸檬 (新潮文庫)
 教科書に載っていた「冬の蝿」が作者との出会いだったのだが、同様に習った「城崎にて」に似た印象を最初持ったものだった。しかし、この作品集を読んで印象は一変した。基本的に「写生文」の職人だった志賀氏とは根本的に何かが違うことに気がついたからだ。「蒼穹」に見る暗黒の青空も「闇の絵巻」での暗闇の中に消えていく男の姿も、全ては彼の大脳の中で変換された情景描写なのである。また、「ある崖上の感情」の覗きという普通なら避けて通る題材を借りて、性と死という普遍の真理を同時に描いてみせている独特の感性、さらに使われている言葉が当時の文学作品と一線を分かつユニークなものが目立つ。「紡錘形」、「瓦斯体」などなど。これらも含めて彼の独特の感覚は潜在的に持っていたとされる優れた理系の資質によるところも大きいのではないかと思える。

 桜の季節がやってくるが、また「桜の樹の下には」を思い出すのだろうか。憂鬱は御免被りたいが、どうやら無理のよう。全く罪な作品だ。




檸檬 (集英社文庫)
檸檬 (集英社文庫)
 梶井基次郎の作品は人間のくたびれた様な心情の捉え方がうまく感動してしまいます。
 作品的な感想は詩を読んでいる様な感じです。ちょうどさらさらと水が流れる様な……
 少し違和感があるようですが、やっぱり人間の心の奥底からくる様な発想、思考、儚さを感じさせる展開は現在でも立派に通用する名作だと思います。
 ぐっと感動させるとか、大きく人の感情を揺り動かすということはありませんが、読んだあとさわやかな気分になります。
 作者の文豪へあこがれながら肺病によって若く夭折してしまった事実を背景に読んでいくと感動も一入です。
 近代文学の中でも割合最近の方なので、純文学をあまり読んだことが無いと言う人にも親しみやすいかと、思います。




梶井基次郎全集 全1巻 (ちくま文庫)
梶井基次郎全集 全1巻 (ちくま文庫)
”桜の樹の下に屍体が埋まっている”というフレーズは
小説やマンガにこれでもかと引用されていますが
その部分だけが先に入っていた私は、初めてこの本を読んだ時
自分の想像していたものが大分違っていた事を知りました。
これは桜の花の美しさを最大級に讃える表現だったのですね。

著者は結核を患い若くして亡くなられています。
その為か、この全集に収められている作品は完成してないものも多いです。
また作品に登場する主人公達はみな胸を患っているので
この人は自分の作品の主人公にそのまま自分を投影しているのだろうと思っていたのですが、
「あとがき」に梶井基次郎について書かれている宇野千代さんの作品の抜粋部分が載っていて
それによると”梶井基次郎という人は自己を語らず、感情も出さず、
手紙にも自分の思う事を書いてきた事はなかった”という事で
その対照的な印象が不思議に思えました。







こんな 梶井基次郎 の夢を見た!


CMで評判のアイドル 梶井基次郎。無邪気な笑顔が、前面に押し出された作品だが、無言でブラウスのボタンを外すシーンなど、思わず思わずドキッ!とするようなシーンも。
見どころは水中生着替えのシーン。「ワンピースを着るシーンはクリオネみたいです」とのことで、妖精のような姿が見られそうだ。

実にすばらしい。こりゃまさに、

『 金は必要だが、重要ではない。 』( ナイト・オン・ザ・プラネット[映画] )

っちゅうことですねー確かに。

朗読聴きくらべ「檸檬」梶井基次郎
梶井基次郎といったら「檸檬」が代表作です。 ●表現よみ☆梶井基次郎の世界/渡辺知明●声の花束/菅原知子●声の図書室/籾山久雄●声を便りに、声を頼りに/wis ●フジポット文庫/牧原俊幸.

梶井基次郎 2
梶井基次郎全集(ちくま文庫)も残す所あと100ページ。 「彷徨」がお気に入りです...

ごめんなさい
梶井基次郎の「檸檬」を最近読み返してみた。 やっぱり、あれ大好き なんかすっごい好きあの作品 小説家とか詳しくないし、読書もあんまりしないけど、 梶井基次郎の「檸檬」は何度も読んでるし、これからも1歳年取るごとに読みたいかな。 ...

『交尾』 梶井基次郎 作
梶井基次郎は、1901年(明治34年)大阪で生まれました。 学生時代は頽廃的生活を送り、文学、音楽などに熱中。大正9年、肋膜炎にかかりますが、大正14年1月、外村繁らと同人雑誌「青空」を創刊し、小説「檸檬」などを発表します。 ...

瞼の愚問
マチ子さんのLとねこのイラストがすてきだったのでコメ書いてからはたして合ってたのだろうかと・・梶井基次郎って「桜の木の下には死体~」がすぐ浮ぶのだけど「猫の足のうらをまぶたにあてて~」もそうだった・・ですかね?でねこの耳も切符切りで ...

梶井基次郎
梶井基次郎全集 全1巻 (ちくま文庫), 梶井基次郎全集 全1巻 (ちくま文庫). 著者:梶井 基次郎販売元:筑摩書房 Amazon.co.jpで詳細を確認する. 最近、読んでいるのですが、不眠症の件がなんとも言えずよく分かる。今の所、「冬の蠅」の不眠の表現が一番 ...

[book]梶井基次郎 檸檬
f:id:tomozo3:20080808123413j:image. Twitter / kajiimotojiro. 梶井基次郎 檸檬.

朗読から表現よみへ=梶井基次郎「桜の樹の下には」
朗読から表現よみへ=梶井基次郎「桜の樹に下には」 「桜の樹の下には死体が埋まっている。……」 この作品はこんな「語り口」なのだろうと思います。 6分42秒表現よみ:渡辺知明. 梶井基次郎 (ちくま日本文学全集). 梶井基次郎 (ちくま日本文学全集) ...

梶井基次郎さんをみてみました(リーディング練習・作家)
そして、マイナー気分の奥底にある希望の種子にアクセスできるのが梶井基次郎さんの魅力だと思います。 レモンに心なぐさめられる「檸檬」に共感する人も多いでしょう。 そういえば、レモンは月の「冷たく湿った」性質をもつ植物。マイナー気分の時に手に ...

[朗読]第8回「檸檬」梶井基次郎
梶井基次郎の最も有名な短編です。数年前、わたしがまだ福岡にいた頃、友人を訪ねて京都に遊びに来たときに「梶井基次郎の檸檬の店があるよ」と教えてもらって感動した覚えがある。その子自身は、檸檬を読んだことがなかったのだけど。 ...

梶井基次郎 の最新情報








タナカカツキ | スーパーマリオ ヨッシーアイランド